2012年06月17日

ショートカットキー

今回は、音声ユーザーには無くてはならない機能「ショートカットキー」について説明します。プログラムにショートカットキーを設定するには、ウィンドウのキーイベント手順を使います。
※「ホットキー」は、ショートカットキーと同じように使われる言葉ですが、プロデルでは、この二つは区別されています。ショートカットキーは、そのプログラムの中でだけ機能するキーで、ホットキーは、システム全体で機能するキーです。
※ホットキーについては、リファレンスを参照して下さい。

■プログラムの例

──────────────────────────────
ウィンドウ1を表示する
待機する

ウィンドウ1とは
ウィンドウを継承する

はじめの手順
初期化する
終わり

初期化する手順
ーーこの手順は自動生成されたものです。編集しないでください
この内部領域大きさを{292、271}に変える
この内容を「ウィンドウ1」に変える
この部品キーイベントを○に変える

ラベル1というラベルを作る
その内容を「ラベル1」に変える
その位置と大きさを{48、90、39、12}に変える
そのフォントサイズを20に変える

終わり

キーが押された時の手順
もし、イベントのコントロールキーが○かつイベントのキー名が「D1」なら
ラベル1の内容を、「Ctrl+1」に変える
「ショートカットキーは、Ctrl+1 です。」を表示する
もし終わり
もし、イベントのキー名が「F1」なら
ラベル1の内容を、「ヘルプを開きます。」に変える
「ヘルプを開きます。」を表示する
もし終わり
終わり

終わり
──────────────────────────────

■プログラムの説明

──────────────────────────────
ウィンドウ1を表示する
待機する

ウィンドウ1とは
ウィンドウを継承する

はじめの手順
初期化する
終わり

初期化する手順
ーーこの手順は自動生成されたものです。編集しないでください
この内部領域大きさを{292、271}に変える
この内容を「ウィンドウ1」に変える
この部品キーイベントを○に変える
ーーこのプログラム(ウィンドウ)の中で、ショートカットキーを設定して、
ーーキーイベントの手順が使えるように指定します。

ラベル1というラベルを作る
その内容を「ラベル1」に変える
その位置と大きさを{48、90、39、12}に変える
そのフォントサイズを20に変える

終わり

キーが押された時の手順
ーーキーイベントの手順の中から、キーが押された時の手順を指定します。

もし、イベントのコントロールキーが○かつイベントのキー名が「D1」なら
ーーキーイベントの手順は、このように「もし文」の形で書いていきます。
ーーCtrlキーと D1(数字の 1 )が同時に押された時に、
ーーどんな命令を実行するかを指定していきます。

ラベル1の内容を、「Ctrl+1」に変える
ーーラベル1の内容を、キーの名前に変えます。あまり意味はありませんが。

「ショートカットキーは、Ctrl+1 です。」を表示する
ーーラベルの内容を変えただけだと、音声で読まないので、
ーーメッセージを表示させます。

もし終わり
もし、イベントのキー名が「F1」なら
ーーF1キーが押された時の命令を指定していきます。

ラベル1の内容を、「ヘルプを開きます。」に変える
「ヘルプを開きます。」を表示する
もし終わり
終わり

終わり
──────────────────────────────

■参考

リファレンス > 基本機能 > キーが押された時の情報
http://rdr.utopiat.net/docs/reference/events/keydown.htm

リファレンス > ウィンドウ部品集 > ホットキー
http://rdr.utopiat.net/docs/reference/wincontrol/mics/hotkey.htm
【produireの最新記事】
posted by yanikun at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | produire
この記事へのコメント
今回の内容を待ってました。
今までショートカットキーの使い方がいまいちわからず困っていたため
とても助かりました。今後も参考にさせていただきます。
Posted by ナナオ at 2012年06月17日 17:51
ナナオ 様、コメントありがとうございます。
お役に立てて、こちらもうれしいです。
これからもよろしくお願いします。
少し息切れしてきましたが……。
Posted by yanikun at 2012年06月17日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56531817

この記事へのトラックバック